大豆イソフラボンを正しく摂取してニキビ知らずの肌になろう

出来てしまったらなかなか治らない大人ニキビですが、その大人ニキビに良いとされるのが大豆イソフラボンと言われています。なぜ大豆イソフラボンがニキビに効くかという理由を見ていきます。
その前に他にニキビに効くと言われているプラセンタに触れておきます。プラセンタは美肌に有効な5大栄養素を含んでいるため、ニキビの改善を促すといわれています。しかし効果にはばらつきが多く、人によっては合う合わないがあるようです。そこで注目されるのが大豆イソフラボンというわけです。
ニキビが出来るの原因としては、皮脂の過剰分泌だと思われがちです。しかしそれは思春期のニキビであり、大人ニキビはホルモンバランスの乱れが主な要因となります。
ホルモンのバランスが整っていないため男性ホルモンが過剰になり、その為に毛穴が詰まりやすくなってニキビができてしまいます。そこで女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをする大豆イソフラボンがニキビに効果的とされるのです。
ニキビ対策の為そんな大豆イソフラボンを食事から摂取しようとしても、実際は毎回メニューを考えるのも大変です。その点サプリメントは手軽に大豆イソフラボンをとることが出来る点が嬉しいです。
またここで知っておきたい知識として、大豆イソフラボンを摂りすぎることです。多く摂取した分だけニキビに効くと思い込んでいる人もいるようですが違います。
食品安全委員会は大豆イソフラボンサプリメントの一日の摂取量を上限30mgとしています。大豆イソフラボンは納豆や豆腐からも摂取できるので、つい摂りすぎてしまいそれがまたホルモンバランスを崩してしまうのです。
大豆イソフラボンのサプリメントを使って正しくニキビを治療しましょう。

大豆イソフラボン ニキビ