40代、50代の女性のニキビには大豆イソフラボンが効く!

40代、50代となった女性は皮脂の分泌量が減ってしまうイメージがありますよね。
しかし実際はその年齢の女性で大人ニキビが出来て悩んでいる方も多いのです。
このニキビの原因はいったい何なのでしょう。
40代以降の女性は卵巣の機能が低下してきて女性ホルモンの分泌量が減り、ホルモンバランスが乱れたためにニキビが生じてしまうのです。
この年代でニキビの出来る顔の部位は口唇の周囲や頬、下顎である場合が多いものです。
この部位は男性ホルモンの影響を受けやすく、女性ホルモンが減少し男性ホルモンが今までよりも優位となったためにニキビが出来やすくなったのです。
男性ホルモンは皮脂の分泌を促進させるためです。
また年齢的に肌の保湿成分の量が減少しバリヤ機能も低下してきているため、それをカバーしようとして更に皮脂を分泌してしまうのです。
大豆イソフラボンはこうした機序で出来る大人ニキビに対して有効性があるのです。
女性ホルモンは肌のコラーゲンやエラスチンの生成を促進し肌の水分量を保ち、肌のターンオーバーを改善させます。つまり女性ホルモンが減ると肌の水分量が減り、ターンオーバーの周期も遅くなってしまいます。
すると皮脂の分泌量が増え、アクネ菌の詰まった毛穴も長期間排出されることなく肌に留まり、毛穴の炎症やアクネ菌の増殖が続いてしまうのです。
大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするので、女性ホルモンが
不足して表れた症状を改善してくれます。つまり、大豆イソフラボンをとると肌の水分量が増えるので皮脂の分泌量が抑えられ、肌のターンオーバーが促進されるため毛穴の炎症が悪化する前に新しい肌に変わります。
またコラーゲンやエラスチンの生成量も増えるのでハリとツヤも蘇ります。
このように、大豆イソフラボンを摂ることで大人ニキビを改善し、潤いのある美肌を取り戻すことが出来るのです。

大豆イソフラボン ニキビ