大豆イソフラボンがニキビに効く理由は抗酸化作用があるから

大豆イソフラボンががニキビに効く理由は「ビタミンCやビタミンEと同じくらいの抗酸化作用」が大豆イソフラボンにはあるからです。あと、老化を促進する活性化酸素を除去する働きもあります。なので、大豆イソフラボンを摂取するだけで、老化を制御して、肌のターンオーバーを正常化することができ、出来てしまったニキビを改善することができます。

他にも大豆イソフラボンには、毛穴の皮脂が詰まり、酸化してニキビの原因となる「アクネ菌」が繁殖してしまうことを間接的に防ぐ効果がありますし、女性ホルモンとよく似た「エストロゲン」が大豆イソフラボンには含まれていますので、肌の状態を良くしてくれる効果が期待できるため、ニキビ治療に対して効果があると言えます。

大豆イソフラボンを摂るにはどうしたらいいのかというと、食品で言いますと「納豆」や「豆腐」「大豆飲料」「きな粉」「味噌」などに含まれています。1日の大豆摂取量は「40gから50g」と言われていますが、現在の日本人の食事は欧米化が進んでいるため、大豆製品の消費量が減っていると言われています。

そのため、なかなか日常の食生活だけで1日の大豆摂取量を摂ることは難しくなってきています。効率よく大豆イソフラボンを摂取するには「サプリメント」がおすすめです。

しかし、大豆イソフラボンのサプリを摂っているから大丈夫というわけではなく、摂り方も重要になります。吸収された大豆イソフラボンは、6時間から8時間ほどで半減してしまいます。そのため、1度にたくさん量を食べるのではなく、1日に少ない量を約3回ほどに分けて服用する方が大豆イソフラボンの効果をうまく引き出すことができるようになります。

大豆イソフラボン ニキビ