テラコートリルでニキビが悪化する6つの原因と口コミ

2018年6月15日

テラコートリルでニキビが悪化する6つの原因と口コミ

 

ニキビに効果的とされるテラコートリルとは?

テラコートリルとは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社から販売されている皮膚用の軟膏で、第2類医薬品です。

皮膚の炎症を抑えたり、湿疹やあせも、虫さされなどの治療薬として市販されています。炎症を伴うニキビには即効性があると口コミでは話題になっていますが、使いどころが難しく長期使用には向きません。

主にアクネ菌が繁殖している赤ニキビの炎症を鎮めてくれて、治りを早くしてくれます。化粧品ではなく医薬品ですからニキビにも強い効果がある反面、気をつけて使用しなくてはいけません。

↑目次に戻る

 

テラコートリルでニキビが悪化する理由その1「赤ニキビ以外に使用しているから」

テラコートリルは殺菌と抗炎効果に優れた軟膏です。ニキビにもいくつかのタイプがありますが、炎症を起こしていない白ニキビや黒ニキビにば効果がありません。

アクネ菌がまだ繁殖する前ですし、肌が炎症を起こしていませんから、テラコートリルの有効成分が無駄になってしまいます。

逆に抗生物質やステイロイドの影響で白ニキビが悪化してしまったり、ニキビができていない部分に塗ってしまうと肌荒れを起こしてしまう場合があります。あくまでも赤ニキビ限定で、短期間のみ使用するのが正しい使い方です。

↑目次に戻る

 

テラコートリルでニキビが悪化する理由その2「広範囲に使用しているから」

テラコートリルは赤ニキビには効果を発揮してくれますが、大量に広範囲に赤ニキビができている場合にはあまり向かない薬です。

オキシテトラサイクリン塩酸塩という抗生物質と、ヒドロコルチゾンというステロイドが含まれています。ピンポイントで数個の赤ニキビを治療するには向いているんですが、広範囲に塗ってしまうと強い成分が肌に負担になってしまって、逆にニキビが悪化してしまいます。

たくさん赤ニキビができてしまった場合には、他の方法でケアするか素直に病院で診てもらいましょう。

↑目次に戻る

 

テラコートリルでニキビが悪化する理由その3「耐性菌が発生しているから」

オキシテトラサイクリン塩酸塩は殺菌効果が高く、ピンポイントで短い間だけ使うのには適しています。

しかし、使い続けると耐性菌ができてしまって、もっと強い薬でないと効かなくなってしまってニキビが悪化してしまいます。

耐性菌というのは薬の効果効能に負けないように、菌が抵抗力を付けてパワーアップしたものです。抗生物質を長期使い続けると発生しやすく、ニキビにも同じことが言えます。

アクネ菌がパワーアップしてテラコートリルが効かなくなり、ニキビが増えたり悪化したりします。

↑目次に戻る

 

テラコートリルでニキビが悪化する理由その4「肌の免疫力を低下させるから」

テラコートリルにはステロイドのヒドロコルチゾンが含まれています。市販薬のステロイドですから機能は弱いですから、正しい使い方をする分には問題ありません。

しかし、長期ニキビケアに使ってしまうと、肌の免疫力が下がってしまってニキビが悪化してしまいます。

アトピーなどに見られるように肌がカサカサに乾燥してしまったり、菌に対する肌の抵抗力が弱くなりますから、今のニキビが悪化したり新しいニキビができやすくなります。

↑目次に戻る

 

テラコートリルをニキビに使う時に広範囲に使うとどうなる…?

テラコートリルの注意書きには、広範囲に使用しないようにと書かれてあります。広範囲にニキビが広がっている場合の使用には向いていません。

弱いとはいえステロイドが入っていますから広範囲に塗ってしまうと、肌にも色んな影響が出てしまいます。皮膚が薄くなったり乾燥しやすくなったり、赤みや発疹、かぶれなど、色んな症状が出やすくなります。

医薬品ですからきちんと正しい使い方をして、注意書きに書かれていることは守らないといけません。

↑目次に戻る

 

テラコートリルは背中のニキビに使ってもいいの?

背中のニキビの主な原因はマラセチア菌の場合が多いです。テラコートリルはアクネ菌や黄色ブドウ球菌などには絶大な効果を発揮してくれますが、マラセチア菌などの真菌やウイルスには効果がありません。

逆に肌荒れしたりニキビが悪化したり、かゆいなどの症状が出る場合がありますから、使わないのが無難です。

ピンポイントで赤ニキビに塗る必要がありますが、背中だと誰かに塗ってもらわないときちんと患部に塗ることができません。

軟膏を塗るたびに家族や友達に手伝ってもらうのも手間ですから、別の方法を探すのがおすすめです。

↑目次に戻る

 

テラコートリルでニキビを悪化させない正しい塗り方は?

まず、テラコートリルで治るニキビのタイプは赤ニキビです。ニキビが出来ている部分のみに、少量チョンチョンと塗ってあげるのが正しい使い方です。

あくまでも患部にのみ塗るようにして、ニキビが出来ていない健康な肌に付かないように注意するのがポイントです。1日2、3回を目処にして、短期間だけ使うようにしましょう。

目安としては1週間程度です。それ以上になる場合は、ステロイドや抗生物質が含まれていない別の方法でケアするのがおすすめです。

↑目次に戻る

 

テラコートリルでニキビが治るのを経験した人の口コミ

テラコートリルでニキビが治るのを経験した人の口コミ

ほっぺに数個ニキビができてしまって、かゆい赤ニキビになってしまいました。友達にどんなケア方法がいいか聞いてみたら、テラコートリルをすすめられて使ってみたんです。

使い方もちゃんと聞いておいて、ニキビにのみテラコートリルを塗って緩く絆創膏を張ってその日は寝たんです。

翌朝になるとニキビがかなり小さくなって、数日もしないうちにきれいに治ってくれました。

ひと晩でこんなにニキビが小さくなるなんて驚きです。たまにポツポツできてしまうニキビのお助けアイテムとして、使い続けたいですね。

↑目次に戻る

 

テラコートリルでニキビが悪化した人の口コミ

テラコートリルでニキビが悪化した人の口コミ

確かにニキビには効くんですが、使い方が難しいですね。ちょっとでもニキビからはみ出してしまうと肌がボロボロになってしまって、赤みが出たり黒ずみになったりしてしまいます。ニキビが治るよりも、肌荒れが治る方が遅かったくらいです。以前、何も考えずに白ニキビに塗ってしまったら、ニキビは悪化して大きくなるし、肌が乾燥しすぎて粉吹きしてしまったんです。腫れていたりボツっと赤いニキビに丁寧に塗ってあげないとダメですね。

↑目次に戻る

 

 

 

悪化

Posted by luxy2018