塩洗顔はニキビを悪化させるだけ?肌が荒れる理由や原因は?

2018年6月15日

塩洗顔はニキビを悪化させるだけ?肌が荒れる理由や原因は?

 

塩洗顔がニキビに効果的?そもそも何それ?

塩洗顔は文字通り、塩を使った顔の洗顔方法です。とは言ってもいくつかやり方には種類があります。

(1)洗顔料に少しだけ塩を入れて洗顔する

(2)スクラブの代わりとして塩を使って肌を洗う

(3)人肌程度の温度のお湯に塩を混ぜてそれで洗い流す

以上の3つのような洗顔方法を「塩洗顔」と呼び、一部の人たちの間では「ニキビの改善に効果的」「毛穴に詰まった皮脂が洗い流される」として話題になっています。

 

 

 

塩洗顔のニキビへの効果とは?本当に効くの?

塩洗顔のニキビへの効果とは?本当に効くの?

 

塩洗顔は毛穴に詰まった皮脂を出してくれる効果がある…らしい

塩洗顔を行うことで、毛穴内部に溜まってしまった余分な皮脂を外に出してあげることができるようです。

でも、筆者が思うのは「ちゃんと毛穴を洗浄してくれる成分の入った洗顔料のほうが皮脂をよっぽど効率的に洗い流せるんじゃないの?」ということです。塩が洗顔料に勝つなんてことはあるのでしょうか…?いささか疑問です。

 

塩洗顔によって古い角質を優しくピーリングできる…らしい

食塩を肌に塗った場合、ソフトピーリング効果と呼ばれるピーリング作用が発揮されるらしいです。これは食塩の持つ角質を柔らかくしてくれる作用が理由のようです。

 

塩洗顔を行うことで殺菌も同時に行える…らしい

殺菌効果を持つ一般的な洗顔料でもニキビを治すのに苦労をするのに、食塩程度の殺菌作用でアクネ菌が果たして殺菌できるでしょうか?この点も疑問が残ります…。

 

 

塩洗顔を行うことで殺菌も同時に行える…らしい

 

 

塩洗顔でニキビが悪化する・増える原因や理由

結論から言えば、塩洗顔はニキビがある方の肌には少し強引すぎるスキンケアであると考えます。確かにこういう「こんなのがニキビに効くの!?」と意外に思えるニキビケアの方法を耳にすると、何だか「妙に説得力を感じる」「確かに効いてもおかしくない」と思えますよね。

でも一度冷静になって考えてみると、塩洗顔がいかにニキビ悪化の危険性を孕んでいるかが分かります。やめたほうが無難でしょう。

 

塩洗顔でニキビが悪化する・増える原因や理由

 

塩洗顔の口コミに多い「ヒリヒリした」「かゆみを感じた」

これらの口コミは「ニキビができていない人」が投稿した口コミです。ニキビがもともとない人ですら、肌が赤くなったりヒリヒリするような感覚を覚える人が多いのです。

ニキビは言い換えれば肌の「炎症」であり「傷」です。そこに塩をダイレクトに塗るような洗顔方法が果たして「ニキビの治療」と言えるでしょうか?傷口に塩を塗るのはますます炎症が悪化するだけのように思えます。

ニキビという「傷」の修復の過程を、塩によって邪魔してしまわないか不安が残ります。傷跡の修復中に塩を塗ってしまうと、せっかく「肌の再生中」であってもそれを乱してしまう結果となるように思えて仕方ありません。

 

塩洗顔でニキビは治らない?ミネラルを肌の外側から塗っても無意味な気がする…

塩に含まれるミネラルがニキビの改善に効果的というのも何だか妙に説得力がありますが、そもそもそれらのミネラルは経口摂取でないと無意味なのではないでしょうか?

つまり、食事として摂るからこそ栄養となるのであって、肌の外側から塗って果たして効果があるのかどうか…

 

塩洗顔はニキビに対して刺激が強すぎる!悪化するのも無理はない…

食塩はニキビに限らず、炎症を起こしている部位に直接塗るのは基本的にその傷を悪化させるだけです。「傷口に塩を塗る」なんていう慣用句があるように、ニキビができている部位に塗るのも、肌の再生・修復の過程である新陳代謝(ターンオーバー)を見出してしまうだけでしょう。

 

敏感肌のニキビに塩洗顔は絶対ダメ!間違いなく悪化する!

 

敏感肌のニキビに塩洗顔は絶対ダメ!間違いなく悪化する!

塩洗顔が前述の通り、非常に肌への負担が大きく刺激の強い強引な洗顔方法です。そのため、敏感肌の方が塩洗顔でニキビを治そうとするのは、もはや自◯行為に近いと言えるでしょう。

敏感肌の方こそ、むしろちゃんと洗顔料で洗顔をしましょう。そのほうが食塩を使うよりはずっと刺激が少ないはずです。ただまあ、塩洗顔と変わらないような洗顔料が低価格帯には多いのも事実ですが…

 

敏感肌の方は塩洗顔ではなくちゃんとした洗顔料を使おう!

 

敏感肌の方は塩洗顔ではなくちゃんとした洗顔料を使おう!

しかし、そこで思考停止せず本当に自分の肌質に合う洗顔料を根気よく探しましょう!敏感肌の方に合う洗顔料というのは、本当に探すのに苦労をするものですが、自分の肌質にあった洗顔料にたどり着いた時こそ、積年のニキビケア人生のゴールかもしれません。

敏感肌の方というのは自分の肌質に合う洗顔料が見つかった時に、あっさりニキビができなくなる場合が多いのです。