エトヴォスでニキビ悪化?化粧水やファンデーションの副作用

2018年5月22日

エトヴォスの化粧品でニキビが悪化?逆にニキビが増えた?

 

 

エトヴォスの化粧水やファンデーションでニキビ悪化の副作用がある…かもしれない成分の一覧

成分名 ニキビの改善効果 ニキビ悪化の危険性
3-O-エチルアスコルビン酸

ビタミンC誘導体の一種。皮脂が過剰に分泌されるのを抑制してくれたり、ニキビの発生によって傷ついた部分の再生・修復を促してくれる効果がある。

コラーゲンの生成を促進する作用から、ニキビ跡の予防などにも一役買ってくれる。できてしまったニキビがニキビ跡にならないように、きれいに治すのに役立つ。

意外と見落としがちなのは、ビタミンC誘導体そのものがなかなか肌への刺激が強いということ。あまり濃度が強いと肌荒れやニキビの発生のリスクをともなう。

3-O-エチルアスコルビン酸もビタミンC誘導体の一種なので、肌の弱い方はこの成分が原因でニキビが悪化する可能性が全くないわけではない。

カプリロイルグリシン

肌の内部のpHを弱酸性へと安定化させる効果を持つ。非常に安全性が高く、pHが不安定になることで肌が荒れてしまうことを効果的に防いでくれる。

特にニキビ跡を早く治すためには、このpHを常に安定化させておくことが理想であり、これによってニキビ跡によって肌の傷んだ細胞が生まれ変わる新陳代謝(ターンオーバー)の質が向上する。

エトヴォスの化粧水・ファンデーションに含まれる量ではニキビ悪化のリスクは低い。

そもそもカプリロイルグリシンは安全性が非常に高いため、副作用によってニキビが悪化したり、ニキビ跡の治りが遅くなったりする可能性は低い。

グリチルリチン酸2K

ニキビ治療用の漢方薬などにも広く含まれる成分。ニキビケア専用の化粧品にはたいてい含まれている成分で、ニキビの炎症を抑える効果がある。

その抗炎症作用は抗アレルギー薬や風邪薬にも使われるほどで、炎症を抑える効果に至っては非常に頼りになる成分。

グリチルリチン酸2Kによって副作用が生じるのは経口摂取の場合に40mgを越えた時と言われている。

そのため、エトヴォスの化粧水やファンデーションに含まれる量を肌に塗ったところで、そうした副作用でニキビが悪化することは考えにくい。

強い抗炎症作用がありながら低刺激という非常にバランスの取れた成分である。

アスコルビルグルコシド

ビタミンC誘導体の一種。ニキビ発生によって傷ついた部分の肌の組織に対し、コラーゲンの生成を促すことで肌の再生が促進化される。

ビタミンC誘導体の中でも特に美白効果が優れており、ニキビ跡などの色素沈着や赤みを防いでくれる。

ピリピリと肌に沁みる場合があり、そこそこ肌への刺激が強い。白斑が出てしまう副作用が出る場合があることが報告されており、その安全性は議論が分かれる。

ビタミンCの誘導体の一種であり、美白効果があると言われている一方で、ニキビが悪化する人も少なくはない。

水添大豆リン脂質

合成界面活性剤の一種で、安全性は高いとされている。

乳化剤として使用される成分で、ニキビやアトピーといった乾燥にともなう肌荒れに効果的。

大豆アレルギーがある人は意外に多い。血液検査に引っかからないくらい軽度の大豆アレルギーという人もいるので注意が必要。

アレルギー症状によってもニキビは悪化する。

テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビルEX

安全性が非常に高いとされる油溶性のビタミンC誘導体の一種。別名VCIPとしても知られる。

毛穴内部に溜まった皮脂が参加することを防ぐ抗酸化作用によって、そこにニキビの原因菌であるアクネ菌などの細菌が繁殖してしまうことを効果的に防ぐ。

活性酸素の肌への悪影響を未然に防いだり、肌のコラーゲン生成を促したり、チロシナーゼによって肌に色素沈着やニキビ跡ができてしまうことを防いだり…とにかく肌のバリア機能を高める作用において万能な美容成分。

こちらもビタミンC誘導体なので、どうしてもその刺激性が敏感肌の方にとっては逆にニキビを悪化させてしまう場合もある。

また、ビタミンC誘導体のデメリットとして乾燥をまねく場合が多い点があげられる。

この成分が配合された化粧品を使用する際には、保湿に関して少し神経質になる必要がある。乾燥はニキビの悪化に直結しがちなため、敏感肌の方は特に気をつける必要あり。

 

 

エトヴォスの化粧品でニキビが悪化?逆にニキビが増える?

エトヴォスの化粧品でニキビが悪化?逆にニキビが増える?

 

エトヴォスでニキビが悪化するなら他の化粧品でも悪化する…

エトヴォスの化粧水や美容液、乳液、ファンデーションなどの各種の化粧品はいわゆる高級化粧品として知られており、その成分の安全性に関しては非常に神経質に考慮して開発されているため、基本的に「エトヴォスだからニキビが悪化する」ということはないでしょう。

逆に言えばエトヴォス化粧品に含まれている添加物くらいの刺激でニキビが悪化してしまうのなら、ほとんどのニキビケア化粧品で悪化してしまうでしょう。それくらい低刺激にこだわって製造されています。

 

エトヴォスの化粧品でニキビが悪化?逆にニキビが増えた?

 

ビタミンC誘導体でニキビが悪化?意外と刺激が強い点には要注意!

ビタミンC誘導体と聞くと、さもニキビ改善や美肌作りに効果がありそうです。確かに間違いではないのですが、使い人の肌質によっては少しばかり刺激が強い場合があります。

肌質に合っていればメリットしかない美容成分ですが、意外にもその軽度の刺激でもニキビが悪化したり増えた…という方がいるようです。エトヴォスの化粧水やファンデーションはビタミンC誘導体を高濃度で配合しているため、それが逆にニキビの原因になるという方もいなくはないようです。