ホルモンバランスの崩れでニキビ出来る場所はあごとおでこ

2018年5月27日

 

ホルモンバランスの崩れでニキビ出来る場所はあごとおでこ

 

ホルモンバランスが崩れることはニキビの発生リスクを高めます。男性ホルモンが優勢な状態となることがホルモンバランスの崩れにつながり、ニキビが出来やすい環境を作ってしまいます。

特にあごとおでこがホルモンバランスが崩れることでニキビが出来やすい部位となります。

 

あごニキビの原因はホルモンバランスの乱れ?

あごにニキビができるのは男性ホルモンが原因?

 

あごにニキビができるのは男性ホルモンが原因?

あごにニキビが出来てしまうのは男性ホルモンが原因です。男性ホルモンは皮脂の分泌を促して、角質を厚くする作用を持ちます。

男性ホルモンは皮脂の分泌を促進し、肌の角質を増やす作用があるのでニキビを作りやすくします。本来女性ホルモンと男性ホルモンは均整がとれて上手く分泌されている状態なのですが、ストレスや生活環境などさまざまな要因によって男性ホルモンが過剰になると、角質が厚くなって毛穴が詰まり、皮脂の分泌をより活発にしてしまいます。

 

顎ニキビができるのは男性ホルモンが多い状態だから?

顎ニキビができるのは男性ホルモンが多い状態だから?

 

あごは男性ホルモンを受けやすい部分なので、あごにニキビが出来るというのは男性ホルモンが優位になっていて、女性ホルモンとのバランスが崩れている証拠と言えるのです。

思春期はあごにニキビが出来ることは少ないですが、思春期を過ぎると女性ホルモンと男性ホルモンの分泌量が増えるので、ホルモンバランスによる影響があごにニキビとして出やすくなるのです。

 

 

【顎ニキビが出来る原因】

ホルモンバランスの崩れの他に、顎ニキビを作る要因として様々なことがあります。

 

まずは、洗顔後の洗い残しがあると顎ニキビになりやすいです。

 

そして、常に乾燥状態で潤いが足りてない場合も顎ニキビにつながります。

 

ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが優位になる状態というのは、皮脂が過剰に分泌しやすくなりますが、乾燥しているとさらに皮脂の分泌が過剰になります。

 

ホルモンバランスの崩れや乾燥して潤いが足りてない肌状態だと、乾燥を防ごうと肌は皮脂を多く出そうとし、毛穴を塞ぎ、顎ニキビにつながります。

 

そして、ストレスもホルモンバランスの乱れにつながり、顎ニキビの発生リスクを高めます。

本来、交感神経と副交感神経と呼ばれる自律神経が上手くバランスを取っている状態ですが、ストレスを感じると自律神経が乱れて、交感神経が優位になり、男性ホルモンを多く分泌させ、顎ニキビを作りやすくします。

イライラやストレス状態が長く続くとニキビが出来やすいのも自律神経の乱れが関係しています。

 

ストレスで自律神経が乱れると男性ホルモンの分泌を増やして、ホルモンバランスを崩し、顎ニキビの原因につながります。

 

【顎ニキビの対処方法】

顎ニキビが出来てしまった場合は「早期に炎症を抑えること」が大事です。

あごのニキビはホルモンバランスの乱れや生活習慣の乱れ、ストレス、乾燥などさまざまな要因がからんでいます。

なので、一度出来ると治りづらく何度も繰り返します。

繰り返しニキビを作ったり、ニキビが改善しても赤く跡になったり、黒ずみとして肌に残ってしまうこともあります。

なので、ニキビが出来てしまったら炎症を鎮めてしまうことが必要なのです。

 

顎ニキビの炎症を抑制するのにおススメの成分として「グリチルリチン酸2K」が挙げられます。

抗炎症作用をもつ成分で、赤ニキビの炎症を抑えて、ニキビが出来にくい肌へと導きます。

刺激が少ない成分なので敏感肌の方にも安心して使えます。

 

顎ニキビを早期に治したい方はグリチルリチン酸2Kを配合した医薬部外品のニキビケア化粧品がおススメです。

 

炎症を抑えたら「保湿ケア」をすることです。

炎症を鎮めても保湿が出来ていないと、肌が乾燥して皮脂が過剰に分泌され毛穴を塞いでしまうからです。

肌が乾燥することでバリア機能が低下し、日頃のスキンケアで保湿力の高い成分を取り入れることが顎ニキビの改善に有効です。

 

特におススメの保湿成分は「セラミド」です。

 

また、あごに出来たニキビ跡にはターンオーバーを促進させることが必要です。

綺麗な肌を作るためにも欠かせないことで、炎症を起こしてしまった皮膚を早く体外に出すことでターンオーバーを進める成分を取り入れることも顎ニキビの改善につながります。

 

ターンオーバーを促進する成分として「プラセンタエキス」と「L-システイン」をおススメします。

 

【ホルモンバランスが崩れることでおでこにニキビが出来るメカニズム】

ホルモンバランスが乱れることで肌の代謝が遅れ、毛穴が詰まりおでこのニキビにつながってしまいます。

ホルモンバランスが乱れて肌のターンオーバーが上手く行われないとニキビ跡が残りやすくなります。

 

ストレスが乱れた状態になると皮脂が過剰に分泌されておでこのニキビを作ってしまいます。

 

余分な皮脂を取り除くために洗顔は欠かせないのですが、皮脂が過剰に分泌している時は皮脂が気になって取り除きたくなり、いつも以上にゴシゴシと洗いたくなるものです。

 

ですが、洗顔を何度も行うと、皮脂が少なくなったと肌がSOSを出して皮脂分泌の働きを強めて、かえっておでこのニキビリスクを高めることになります。

 

皮脂分泌が過剰になると毛穴に老廃物や皮脂が溜まります。

毛穴の中に溜まった皮脂を栄養分にしてニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖し、炎症を起こしてニキビとなります。

 

【おでこニキビの原因】

おでこのニキビはホルモンバランスの変化によって、男性ホルモンが増えて皮脂腺を刺激することが原因です。

ホルモンバランスの変化によって皮脂の分泌が急に増えて毛穴に皮脂が詰まり、炎症を起こしニキビにつながってしまいます。

 

【おでこにニキビの対処方法】

ゴシゴシを皮膚に刺激や負担をかける洗い方をせず、優しく洗うようにこころがけること、そして、洗顔後は化粧水で肌に水分を与えて、乳液やクリームで保湿することです。

肌の乾燥も余計な皮脂分泌につながり、おでこニキビを作るので保湿ケアは重要です。

 

 

【まとめ】

顎ニキビもおでこニキビもホルモンバランスの崩れによって起こります。

ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが活発となり、皮脂分泌を促進させて毛穴に皮脂や汚れなどが溜まって、それをニキビの原因菌であるアクネ菌がエサとして増殖させてニキビを作ってしまいます。

 

顎ニキビもおでこニキビも保湿が大切で、肌に潤いを与えることで乾燥による皮脂分泌を抑制し、ニキビの改善や予防につながります。