口周りのニキビがひどい…ホルモンバランスの乱れが原因かも!

2018年5月25日

口周りのニキビがひどい…ホルモンバランスの乱れが原因かも!

 

口周りのニキビは男性ホルモン分泌が増えて優勢になり、皮脂分泌量が増えると起こりやすいです。

ホルモンバランスも大きく影響するので特に女性の場合は生理不順や子宮内膜症など婦人科系の病気を抱えている方は口周りのニキビが出来やすいです。

そこで、ホルモンバランスの乱れが原因で起こる口周りのニキビの対処方法や予防方法を紹介します。

 

ホルモンバランスが乱れるとなぜ口周りのニキビが出来やすいのか?

血流が滞ることによる弊害は想像以上に大きい

下半身が冷えてしまうことで子宮や卵巣が冷え、血流が滞り、女性ホルモンが減り、男性ホルモンが優勢となってホルモンバランスが崩れてしまうからです。

ホルモンバランスが乱れると肌のターンオーバーが乱れて、新しい肌への生まれ変わりが上手く出来なくなります。

肌のターンオーバーが乱れたままだと古い角質が表面に残り、分厚い層を作り、皮脂が上手く排出されず毛穴に溜まり、ニキビを引き起こしてしまいます。

ホルモンバランスが乱れると肌の新陳代謝が行われなくなる

つまり、ホルモンバランスが乱れることは肌のターンオーバーも乱してしまい、古い角質を除去して新しい肌へと生まれ変わらせないといけないのにそれが機能しなくなります。

古い角質や皮脂が残り、毛穴を塞いでしまい、古い角質や皮脂がどんどん蓄積してニキビにつながってしまうのです。

ホルモンバランスが乱れて正常に機能しなくなることで古い角質や皮脂が上手く排出できなくなり、身体の冷えにもつながり、女性ホルモンが減って男性ホルモンが優位になり、本来のホルモンバランスが整えられなくなって、口の周りにニキビを作ってしまうことが言えます。

 

口周りのニキビを予防するには「体の冷え」に注意する

身体の冷えによってホルモンバランスが崩れてしまうことで口の周りのニキビにつながってしまうので、身体の冷えを取ることが必要です。

温かい飲み物でホルモンバランスを整えよう

温かい飲み物や食材を意識して摂取し、スパイスやトウガラシなどの刺激物を避け、身体を温めていくことで徐々に体温も上がり、ホルモンバランスも整っていきます。

身体を温めてくれる食材を摂って、内側から温めていくのが口周りのニキビの対処方法に有効です。積極的に身体を温める食材を摂り入れることで内側からの冷えを防ぎます。

冬野菜のスープで温まるのとかオススメ

オススメの食材は、寒い時期に旬を迎える野菜です。大根などの根菜類を温野菜にするのが良い食べ方です。食材で身体を温める他に、大きな血管が通っている首を温めてあげることで全身の血流を良くします。

お風呂の入った際は37度から38度のお湯でゆっくりと半身浴するのも身体をじっくりと芯まで温めてくれるのでおススメです。

 

口周りのニキビは保湿で対策できる?

口周りのニキビは肌が乾燥しバリア機能が低下して、アクネ菌が増えやすい状態となっています。そうした状態になっているとホルモンバランスも崩れやすくなります。

なので、ケアでしっかりと保湿をして肌の表面をカバーして潤いを与えることで水分とホルモンバランスを整えることが口周りのニキビ改善と予防につながります。

洗顔のしすぎは肌のバリア機能を弱らせてしまう

洗いすぎや皮脂の落とし過ぎは乾燥肌につながってしまい、肌を固くして毛穴が詰まりやすくなるので、ニキビを悪化させてしまうので肌に潤いを与えて低下したバリア機能を正常に戻してあげることが大切です。

ニキビケア専用の化粧品を使えば、口周りにニキビがあっても安心して使うことができ、かつ保湿も行ってくれるので、ニキビケア専用の化粧品で肌を保湿することが口周りのニキビ対策に有効です。

洗顔して終わりではない!その後の保湿がめっちゃ重要!

口周りのニキビ対策に特に重要なのは洗顔後の保湿です。洗顔後は肌の表面は極度に乾燥した状態となっています。

保湿ケアを怠ってしまうと肌を乾燥から守ろうとする機能が過剰に働き、皮脂を過剰に分泌させてしまい、口周りのニキビの悪化や新しいニキビにつながってしまいます。

 

口周りのニキビにはどんなスキンケアを行えば良いのか?

口周りのニキビは保湿ケアが大切で、保湿によって肌のバリア機能を取り戻し、ホルモンバランスの乱れの改善につなげることが期待できます。

油分の多いクリームや乳液はやめたほうがいい

ですが、保湿効果の高い化粧品は油分が沢山含んでいるものが多いです。油分の多いクリームや乳液は、油分によって新たな皮脂分泌を妨げて、肌の再生力を弱めてしまいます。

口周りのニキビに有効な保湿ケアは肌に保湿成分を浸透させ、内側から保湿を促してくれるタイプのスキンケア用品を使うことです。

刺激が少ない化粧品を選ぶのは基本中の基本

ニキビの炎症により傷ついた肌に余計な刺激を与えないように、刺激の少ないタイプのスキンケアを選ぶことも大切です。

保湿成分を内側から促してあげることで徐々に肌バランスを高めて、肌バリア機能を促し、ホルモンバランスの乱れを改善へと導きます。

 

まとめ

口周りのニキビはホルモンバランスの乱れが大きな要因であることが分かります。

肌のターンオーバーが上手く行われなくなって、皮膚が乾燥し、古い角質が残り厚い層を作って、皮脂が上手く排出されないことで毛穴に溜まって口周りのニキビにつながってしまいます。

また、ターンオーバーが上手く行われなくことで代謝力が弱まって身体が冷えることによるホルモンバランスの乱れも口周りのニキビの原因となります。

ホルモンバランスの乱れを改善するには身体を温めること、保湿ケアを怠らないこと、生活習慣の乱れを正して栄養バランスを良い食事、適度なストレス発散を取り入れることでホルモンバランスの乱れを改善へと導き、ニキビが出来にくい肌づくりをサポートします。