テストステロンが増えるとできるニキビの特徴と対策方法

2018年6月15日

テストステロン ニキビ

 

男性ホルモンであるテストステロンが体内で増加しすぎることによって、ニキビができやすくなるケースは非常に多いです。また、女性の体内にも男性ホルモンは存在するため、女性にとっても男性にとっても、ニキビの根本的な原因の改善において男性ホルモン対策は必須となります。

では、どういったニキビが男性ホルモンであるテストステロンの増え過ぎが原因となっているのでしょうか。この記事で書かれていることに当てはまるものが多い場合は、男性ホルモンの過剰分泌が原因かも知れません。

 

テストステロン過剰でできるニキビの特徴

テストステロンの過剰分泌によってできるニキビは、顎ニキビなどのUゾーンやフェイスラインといった皮脂が分泌されやすい場所に多いという特徴があります。また、肌質によって鼻筋やおでこの皮脂分泌が多いという方は、その周辺であるTゾーンにもできやすい傾向にあります。

まとめると、顎やフェイスライン、おでこ、鼻筋の皮脂分泌の過剰によるニキビ発生はテストステロンの過剰分泌が根本の原因として絡んでいる可能性が高いのです。

 

皮脂腺を刺激するテストステロン

では、男性ホルモン(アンドロゲン)の一種であるテストステロンが体内で増加し過ぎると、なぜ脂性肌(オイリー肌)となり皮脂が出やすくなるのでしょうか。それは、テストステロンには顔の毛穴の中にある皮脂腺と呼ばれる皮脂が出る場所に「皮脂を出せ」と司令を発し、皮脂の分泌を促す作用があるからです。

テストステロンが体内で多ければ多いほど、顔の皮脂は出やすくなります。また、毛穴を開かせる作用を持つ男性ホルモンでもあるので、毛穴が開きがちになったり、イチゴ鼻を引き起こす傾向も持ち合わせています。

 

思春期ニキビと似たでき方をする

思春期ニキビの原因は成長に伴う体内のホルモンバランスの絶え間ない変化によるものであるということは、ニキビに悩む方であれば多くの方が知っていることだと思います。テストステロンの過剰分泌によってできるニキビは、その思春期ニキビにでき方や性質が非常に似ています。

それは思春期ニキビそのものが、そもそもテストステロンの過剰分泌が原因として深く絡んでいるからなのです。「思春期ニキビの原因はホルモンバランス」という言葉の「ホルモンバランス」の意味するところは、テストステロンの量のことを指すと言っても、あながち間違いではありません。

そのため、テストステロンが体内で異常に増加することによってできるニキビは、UゾーンやTゾーンなどにできがちであるという特徴を持つため、思春期ニキビとでき方が非常に近いのです。

 

放置しているとジヒドロテストステロンに進化する

ジヒドロテストステロンとは、テストステロンのさらに10倍の活性を持つと言われる言わば一番ニキビを生み出す男性ホルモンです。このジヒドロテストステロンは、もともとはテストステロンとして体内に存在していたものに、5aリダクターゼという酵素が働きかけることでジヒドロテストステロンへと変換され、その姿を変えます。

このジヒドロテストステロンは、テストステロンと同じように皮脂の分泌を促し過ぎてしまう働きを持ちながら、毛穴を詰まらせてしまう原因にもなります。

ジヒドロテストステロンが毛穴を詰まらせてしまう原因は、毛穴の角化細胞(ケラチノサイト)と呼ばれる細胞を異常に増殖させ、角化異常と呼ばれる現象を引き起こすことにあります。つまり、毛穴の角質細胞が増えすぎることによって、肌が分厚くなり、毛穴が詰まりやすくなるのです。

ジヒドロテストステロンは毛穴に角栓を形成し詰まらせ、さらに皮脂を過剰分泌させる。これによって毛穴という出口を失った皮脂が毛穴の内部に溜まってしまう結果となり、そこにアクネ菌が繁殖してニキビができてしまうのです。

 

ノコギリヤシ療法で男性ホルモンを減らす方法が一番有効

テストステロンとジヒドロテストステロン、さらにそれを作り出す酵素である5aリダクターゼ。この3つ全ての量を減らして作用を抑制してくれるサプリメントとして、ノコギリヤシというものがあります。

このノコギリヤシはドイツでは医療の現場で使われているほどの紛れもない薬効を有しており、ニキビ改善のための次世代のホルモン療法として都内の一部の美容皮膚科やニキビ専門外来では注目されています。ノコギリヤシでニキビは劇的に改善します。気になる方は以下の記事でその効能に対する理解を深めていくと良いでしょう。