女性が男性ホルモンを減らす方法とニキビ改善

2018年6月15日

女なのに男性ホルモンが多い…

 生理前のニキビ 女性なのに男性ホルモンが多い ノコギリヤシで生理前ニキビができなくなった

 

生理になると男性ホルモンが出やすい体質の女性はニキビができやすい

女性の体内にも男性ホルモンは存在していることは、今ではネット上で知識を得て知っているという方も多いでしょう。思春期ニキビや大人ニキビなど種類を問わず、何度も再発するニキビには、間違いなく男性ホルモンの過剰分泌が関係しています。

例えばですが、女性は生理前になるとニキビができやすいという方が多いです。これは実は、生理前に分泌される女性ホルモンの一種であるプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されるタイミングで、微量に男性ホルモンも分泌されているのです。これが原因です。

「生理」と聞くと女性ホルモンのイメージが強いですよね。プロゲステロン単体だと「美容のホルモン」などと言われたり、肌をしなやかにさせる効果なども明らかになっていたりします。

しかし、この生理のタイミングで女性ホルモンだけでなく男性ホルモンも多めに出てしまうという体質の女性は、生理前にニキビに悩むことが多いのです。

 

 

男性ホルモンが多い女性の特徴とは?

男性ホルモンは女性の体内にもあるということは、インターネットで美容の知識が手軽に手に入るようになった今、多くの人が知るところだと思います。

では、男性ホルモンが多い女性とはどんな女性なのでしょうか。ご自分の “なぜかくり返してしまうニキビ” の原因が「男性ホルモンが多いからなのではないか」と疑っている方向けに、自己診断と対処方法の手がかりとなるように、いくつかピックアップしていきます。

 

皮脂でいつもテカリが見られる脂性肌(オイリー肌)な女性

皮脂腺を刺激し、皮脂を出させているのは男性ホルモンの一種であるテストステロンによる働きが主です。このテストステロンの働きが活発であったり、そのホルモンの量自体が多い女性は、肌の表面にテカリが見られたり、皮脂腺が刺激されることで毛穴の開きが見られたりします。

この皮脂が分泌されたまま放置されたり、角質が固くなり角栓となることで皮脂が詰まってしまうと…そうです、ニキビができてしまうのです…。

あごニキビがいつもある女性

顎ニキビは体内の性ホルモンの不安定によって起こることで有名ですね。生理前にできるニキビは女性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)やエストロゲンの急激な体内バランスの変化が原因であるという話は、女性の方なら耳にしたことがあるかもしれません。

男性ホルモンの体内でのバランスが変化したり急激に増える時に、あごの皮脂腺がテストステロンによって刺激されて脂っぽくなり、そこにアクネ菌などの細菌が繁殖してニキビができてしまうことがあります。

体毛やひげが濃い女性

テストステロンは皮脂腺の刺激によって皮脂の分泌に関係している他、毛穴の発毛に関しても深い関係を持っています。特にひげや体毛が多い女性は、ほぼ確実に男性ホルモンが多い体質と言えます。

 

低用量ピル療法は絶対にやめておくべき理由

女性 男性ホルモン 減らす

 

女性の場合、抗男性ホルモン療法やホルモン治療という言葉で知られる「男性ホルモンを薬剤で抑えるニキビ治療法」という選択肢があります。これは、男性にはないニキビ治療の選択肢です。

例えば、本来は否認のために使われる低用量ピルという薬剤は、体内の女性ホルモン濃度を一時的に高めることができるため、女性ホルモンが優位になることで男性ホルモンが抑制されるという作用機序で、実際に美容皮膚科のニキビ専門外来でもよく行われるニキビ治療法の一つです。

しかし、低用量ピル療法は絶対にオススメできません。低用量ピルはそもそも長期的に服用する上での安全性が保証されておらず、「飲んでいればニキビは確かにできないけど、飲むようになっていつも日中グッタリして疲れちゃう…」という方がほとんどです。

この副作用によって、慢性的に身体が疲労気味になり、交感神経が優位になっている時間が長くなります。ニキビ対策を考えていく上で、交感神経が優位になっている時間が長くなるのは非常にまずいのです。なぜなら、交感神経が優位の状態では肌の新陳代謝(ターンオーバー)が行われず、古い肌の細胞が入れ替わってくれないのです。

そのため、低用量ピルで男性ホルモンを抑制してニキビを改善できるとしても、それは一時的なものであり、いつか必ず角質層のトラブルによってニキビを再発します。

 

 

悪性男性ホルモンを減らすのは食事療法ではほぼ無理!

そもそもが食事療法で悪性男性ホルモンの活性が抑えられ、減らすことができてしまうという方は、そもそもがそこまで男性ホルモン(アンドロゲン)が活発でない場合が非常に多いです。

ニキビがいつもできている女性には、食事で減らす事ができないほどの男性ホルモンが絶えず体内で優位になっている場合が多く、これを普段の食事を少し変えてみるくらいのことで対処するのは困難です。

 

 

副作用の有無や継続性から考えて最善の方法は?

女 男性ホルモン 減らす

 

筆者が長年ニキビ専門外来で勤務して患者さんと接してきた経験上、女性で男性ホルモンが多いという体質の方のニキビ治療法・予防法としてはノコギリヤシをニキビ対策サプリメントとして毎日飲むという対策方法が最も良いと考えています。