ニキビを男性ホルモン抑制で治す方法は?減らす・抑えるには?

2018年6月15日

ニキビは男性ホルモンを抑制すれば再発しなくなる!

男性ホルモンの抑制にはノコギリヤシが最強

ノコギリヤシというサプリメントをご存知でしょうか。このノコギリヤシはドイツでは医薬品として扱われており、2型5aリダクターゼという酵素から男性ホルモンが悪性男性ホルモンと呼ばれるものに変換されるのを予防。その結果、大幅に男性ホルモンの活性が抑制される結果となり、ニキビが再発しなくなるのです

 

女性で男性ホルモンが多い場合のニキビケアにも効果的

男性ホルモンの抑制は男女問わず必須のニキビ対策

まず覚えておきたいこととして、男性ホルモンというのは女性の体内にもごく普通に存在しているということ。例えばですが、女性が生理前にニキビができやすいのは、プロゲステロンという女性の分泌が盛んになるのと同時に、微量に男性ホルモンも分泌されるためです。

つまり、男女問わず慢性化するニキビを予防していくには、テストステロンやジヒドロテストステロンなどの男性ホルモンへの抑制対策が必須となるのです。(軽症のニキビにはもちろんそこまでの対策は必要ありません)

ジヒドロテストステロンが肌の角質を固くしてしまう!

ジヒドロテストステロンとは、別名「悪性男性ホルモン」とも呼ばれたりします。このジヒドロテストステロンは、角化異常といって毛穴の角化細胞を増殖させる働きがあります。簡単に言えば、毛穴の角質細胞を増やしすぎたり固くさせてしまう作用があるのです。

これにより、毛穴は物理的に詰まりやすくなります。そこにテストステロンがさらに以下のような追い打ちをかけます。

テストステロンが皮脂を多量に出させる!

ジヒドロテストステロンによって硬化した角質が角栓となって毛穴に詰まると、そこにテストステロンが皮脂腺を刺激し皮脂を出させます。これにより、毛穴が詰まっている状態で皮脂が毛穴から分泌され、そこにニキビの原因菌であるアクネ菌が異常に繁殖。

こうした流れからニキビができることは非常に多く、これが男性ホルモンが増えるとニキビができやすくなると言われる理由です。

 

交感神経が優位になると男性ホルモンが増える

心身ともにストレスにさらされている時には、人間の体内では副腎皮質ホルモンというホルモンが多量に分泌されます。副腎皮質ホルモンとはアドレナリンやコルチゾールのことで、別名ストレスホルモンと呼ばれ、これらが「アンドロゲン」「テストステロン」といった男性ホルモンの分泌を促します。

つまり、肉体的なストレス(睡眠不足、疲労、栄養不足)も精神的なストレス(落ち込み、怒りなど)も、どちらも男性ホルモンを間接的に生み出し、結果的にニキビができてしまうということもあります。

 

食事療法で男性ホルモンを減らすには限界がある

有効な栄養素 多く含む食べ物
亜鉛 生ガキ、タラバガニ、レバー、牛肉、しじみ
ビタミンB6 ピーナッツ、魚の赤身、豚肉、牛肉、鶏レバー
大豆イソフラボン 大豆、納豆、投入

 

正直なところ、普通の食事で摂れる程度の栄養素で悪性男性ホルモンの異常分泌を抑制することは難しいのが現実です。一応は以下のような食べ物がジヒドロテストステロンやテストステロンの抑制に多少の効果はあります。

筆者も男性ホルモンの抑制がニキビに効果があると知った最初の頃は、食材でこれらの栄養素を含むものを積極的に食べるという試みを過去に何度も行いました。しかし、やはり通常の食事で摂れる栄養くらいでは、ジヒドロテストステロン・テストステロン・アンドロゲンの活性は抑えきれないものであると痛感し、やめました。

 

低用量ピルで男性ホルモンを抑制するのは逆効果の場合もある

ニキビ 男性ホルモン 抑制

 

低用量ピルは体内のホルモンバランスに急激な変化をもたらすので、それが逆に体調や肌の調子に悪影響を与えてしまうケースも実はわりと多いのです。

低用量ピルでニキビを治すというやり方は、体内の性ホルモンのバランスにかなり直接的に手を加える強引な方法です。本来、体内の男性ホルモン・女性ホルモンのバランスは非常に繊細な割合でバランスが保たれています。そのため、急激に経口摂取で女性ホルモンを摂取してしまうと、ニキビが悪化してしまうケースもあるようです。

薬剤の効果に体がついていけず、体に負荷がかかることで身体全体がストレス状態にさらされ、それによって交感神経が慢性的に優位になることで、逆に悪性男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が後から増えてしまうということがよくあります。

 

ノコギリヤシ療法が医療先進国ドイツでは行われている

ニキビ 男性ホルモン 抑制

 

ノコギリヤシはドイツでは医薬品として扱われ、重症ニキビに悩む患者はもちろん、円形脱毛症(AGA)や前立腺肥大症などの男性ホルモンの過剰分泌による健康被害に幅広く処方されています。

特に、ノコギリヤシは男性ホルモンの一種であるテストステロンが、さらにその10倍以上の活性を持つジヒドロテストステロンへと変換される過程を強力に阻害します。また、テストステロンそのものの増加も抑制してくれることで知られています。5aリダクターゼの体内の量は体質によって異なり、遺伝による要因が最も大きいため、食事療法や睡眠の質の改善くらいの工夫ではどうにもならない部分があります。 

低用量ピルは女性ホルモンを増やして男性ホルモンを抑制するという効能がありますが、先ほど説明したように逆にジヒドロテストステロンが増えてしまうこともあるため、リスクが伴います。しかし、ノコギリヤシはその点で逆効果になるということは滅多にないため、安心してニキビケアに取り入れることができ、その効果の実感も比較的早いです。

 

ノコギリヤシで男性ホルモンを抑制する際の注意点

ニキビ 男性ホルモン 抑制

 

ノコギリヤシは多量に飲むと男性ホルモンを抑制しすぎてしまうことがあります。急激に多くの量を摂取して過剰摂取となってしまうと、体内の男性ホルモン系統が一気に減ってしまう可能性もあります。

体内のホルモンバランスが急に大変動を起こすと、それに身体が付いていくことができず、下痢などを引き起こす場合があります。これはどんなサプリメントや健康食品に至っても同じですが、服用する量はきちんと決められた量を守るようにしましょう。

 

 

どれくらいの期間でニキビができなくなるか

ノコギリヤシは全サプリメントの中でも男性ホルモン抑制の効果はトップクラスです。筆者が初めて飲み始めた頃は、飲むようになって4日もする頃には全く気にならなくなっていきました。ニキビトラブルに限らず、男性ホルモンによる健康被害全般に打点が持てるサプリメントですので、服用したことのない方でニキビに悩んでいる方は絶対に試すべきです。